ファウンデーションあれこれ

補正下着についてのブログです。

ランニングシャツ

ランニングシャツは、ノースリーブの男性用シャツ。単にランニングともいう。

1900年代にランニングの服装として推奨され、のちに下着に転用されるようになった。英語ではアスレチックシャツ。

形はノースリーブ状の袖がなく、UネックかVネック状の襟を深くくっている。下着用は白や灰色が多いが、上衣として着用する物は黒や赤、青や柄物なども存在する。


オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

メンズブラ

メンズブラ(メンズブラジャー)とは男性専用に作られたブラジャー(後述)のことを指す。近年、着用する男性が増えている。

男性が女性用のブラジャーを着用しようとすると、思春期初期の男性を除いてアンダーバストが足りないことがある。そのため、ゴムひも等でホックを引っかけて留めている人やホックがかからないまま放置している人、伸び縮みするスポーツブラを使う人、外国人に合わせて作られた輸入品のブラを使用している人、アンダーを長くする製品を使用する場合がある。この問題が発生しないよう男性用に独自に製作されたメンズブラが、2008年11月に東京の「ウィッシュルーム」から発売され、楽天のランキングで1位となった。2012年においては、1日6枚程度のペースで売れている。

ブラジャーを着け、下着やワイシャツが白いものだと外に透ける。これは通常の生活をしている男性の場合は不都合なので、一般に上にグレイや紺などの下着を着ける人もいる。

店頭での購入に抵抗がある場合、通販で購入する人がいる。また店頭でも試着は困難で、自分に合うサイズを見つけるのが難しいとされてきた。

 

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

タイツ

タイツ(tights)は、一般的にはストレッチサテン地、ナイロン地など伸縮性を持たせた布地で縫製されたフィット性のあるズボン。

保温を目的とした衣類の一種で、腰から足のつま先までを覆うパンティストッキング(以下は「パンスト」とする)型状のフーターと呼ばれる製品が多い。また、タイツは衣服であり、靴下ではない。

19世紀のフランスで舞台衣裳として発明される。日本においては、靴下に分類されているパンティストッキングより厚手のものがタイツと呼ばれているが、日本国外では一般的に両者は区別されていない。タイツはイギリスでの統一した呼び方で、アメリカ合衆国ではパンティホース(Pantyhose)と呼ばれる。網タイツも「タイツ」と呼ばれるが、パンティストッキングに近い。女性向けのもののほか、前開きなどの男性用もある。

エアロビクス用やレースクイーン用のサポート力の強いタイツもある。バレエ用のファンデーション(インナーウェア)として上半身部分のストラップ付のトップと下半身部分のタイツが一体となったボディタイツもある。スポーツ競技やパフォーマンス等で使用することを目的とし、頭部まで覆う全身タイツがある。「ゼンタイ」ともいい、日本が発祥である。日本国外でも「ZENTAI」で通じ、全身タイツはレオタードからの派生である。

日本では戦前、戦後はウール糸で編まれた厚手の「バルキータイツ」が流通していた。1990年代前半からは一部の女子中学生・高校生たちが履いていたが、2000年代以降はタイツを履く機会や関心が戻ってきて、多くの女子中学生・高校生たちの間で流行して履かれるようになった。

厚さの単位はデニール、着圧の単位はヘクトパスカル

 



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

西洋型脚絆 巻脚絆(巻きゲートル)

巻脚絆とは包帯状の細い布を巻いて脚絆を作るもの。19世紀末頃から使われ始める。世界の軍隊の軍装品としては第一次世界大戦をピークに、第二次世界大戦頃まではレギンス型や長靴とともに各国の軍隊で広く用いられた。脚絆の一端には脚絆を最後に固定するための紐が取り付けられている。欠点としては、上手に巻くには慣れが必要で時間がかかり、高温多湿の環境下ではシラミなど害虫の温床になりやすい。第二次大戦後に編上げ式の半長靴が普及するにつれてとって代わられ、レギンス型と異なり儀礼的な軍装品としても形を残していない。民間では第二次大戦頃までは軍隊と同様に広く普及していたが、現代ではほぼ廃れている。

日本陸軍 - 日露戦争中に採用され、日露戦後に徒歩本分者の被服とされた。数種類の巻き方があり、いったん巻いた脚絆の上下(足首と膝下)を固定用の紐でさらに締め、紐がすねの前で交差する巻き方は「戦闘巻」と俗称された。
日本海軍 - 陸戦装備としては1930年代に士官下士官兵共通の被服として採用され(陸戦隊被服)、艦船勤務の将兵であっても広く普及していた。
ソ連赤軍 - 第二次大戦初中期の物資不足の時勢に本来の長靴に代え、編上靴と巻脚絆を支給した。
ドイツ国防軍武装親衛隊 - 山岳猟兵といった、特に脚に負担が掛かりやすい兵科では長靴ではなく編上靴と巻脚絆を支給した。
他にイタリア陸軍、フランス陸軍、中国国民革命軍等でも第二次大戦まで、イギリス陸軍、アメリカ陸軍では戦間期まで使用されていた。


オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

西洋型脚絆 レギンス(スパッツ型、短ゲートル)

いわゆるレギンス型とは面積のある一枚ものの布または軟革をバックルやボタン、バンドなどで固定するもの。足の甲を覆う形状のレギンスでは、靴の土踏まずに掛けるベルトを備える場合がある。世界の軍隊の装備としては第二次世界大戦頃までは後述の巻脚絆と共に双璧をなしていたが、戦後は編上げ式の半長靴の普及によってとって代わられ、儀礼的な軍装品としてのみ形を残している。民間においては、溶接業、製鉄などの金属工業、機械工業などの職業分野で、足首と足の甲を保護するために多用されており、面ファスナーで固定する製品もある。

脛全体ではなく、踝辺りのみを巻く小振りのレギンスは「短ゲートル(半脚絆)」などと言われる。また、硬革の脛当てである「革脚絆」は、主に乗馬長靴の代わりとして用いられた。

イギリス陸軍、アメリカ陸軍・アメリ海兵隊 - 戦間期にレギンス型を採用した。イギリス式は足首だけを巻く短い形状で、二本の小バンドで締めた。アメリカ式は膝下から足の甲までを覆い土踏まずベルトも備えるが、紐をフックに編み上げて固定する方式のため着脱に手間取る難点があった。
ドイツ国防軍武装親衛隊 - 第二次大戦中期以降の物資不足の時勢に、本来の長靴に代え、上記のイギリス式に類似した短ゲートルと編上靴を支給した。
日本陸軍 - 建軍から日露戦争期頃まで、歩兵を中心とする徒歩本分たる兵科(兵種)の将兵が膝下から足の甲までのレギンス型を用いていたが、のちに廃止され後述の巻脚絆となる。また、第二次大戦までは徒歩本分の将校が、長靴の代わりに革脚絆を用いる場合が多々あった(1940年の兵科区分廃止以降は徒歩本分者においても乗馬長靴が広く普及する)。
日本海軍 - 陸戦装備時や、艦船勤務であっても儀式の軍装時は下士官兵はレギンス型を用いたが、のちに陸戦装備時は後述の巻脚絆が普及する。陸戦装備時の士官の一部は革脚絆を用いる場合があった。
海上自衛隊航空自衛隊 - 警務職務に従事する警務官および警務官補、甲武装(儀式用)、乙武装(非儀式用)で白い半脚絆を着用する定めがあるが、省略されることもある。

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

脚絆

脚絆(きゃはん。脚半とも)とは、脛の部分に巻く布・革でできた被服。ゲートルとも。

活動時に脛を保護し、障害物にからまったりしないようズボンの裾を押さえ、また長時間の歩行時には下肢を締めつけてうっ血を防ぎ脚の疲労を軽減する等の目的がある。日本では江戸時代から広く使用され、現在でも裾を引っ掛けることに起因する事故を防いだり、足首や足の甲への受傷を防ぐ目的で着用を義務付けている職場があり、作業服などを扱う店で販売されている。

 
オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

ステテコ

ステテコとは主に男性が着用し、裾の丈が膝下ほどまである薄手の生地で作られたズボンである。

着物や袴の下に穿く下着として、明治以降の日本の近代化に伴い全国的に普及した。

戦後、繊維業が隆盛となった日本では高温多湿の気候に合わせて素材や織りを工夫した楊柳クレープやキャラコ織の物が登場した。長年、中高年の男性によってインナーとして使用されており、メーカー各社が無地白色のものを中心に販売している。1988年に不織布メーカーが「21世紀にはなくなっているか、なくなってほしいと思う服飾品」をアンケートしたところ、「ステテコ」「ももひき」を挙げた生徒がともに6割に上った。[1]。

また、柄がプリントされたステテコも発売され、夏のルームウェアとして人気を集めている。このプリントされたステテコの購買層は長らく中高年の男性が中心であったが、2008年に肌着メーカーのアズが若者向けの「ステテコドットコム」を立ち上げ、よりデザイン性がもたされた商品が発売され、若者にもステテコ人気が拡大している。シャツに模様をつけてTシャツ、ランニングからタンクトップができたと同じ発想の転換を果たしている。

2011年にワコールが「女子テコ」を、2013年にユニクロが「リラコ」(Relax & Comfort Pants)を発売。

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売