ファウンデーションあれこれ

補正下着についてのブログです。

身長と異性への選好(男性から女性への選好)

男性から女性に対する身長の選好は、それほど明確ではない。

男性は通常は低身長の女性を好むため、背の低い女性はデートの可能性が大きくなる。2013年に発表された研究によると、身長に関して男性は、男性よりも8cm低い女性を好んだ。

一方で、背の高い女性は、その身長が資源へのアクセス、健康な発達、優位性、そして高い地位の手がかりとなる側面があるので、背の高い女性は価値があるとされている。実際にメディアに登場するモデル、プレイガールのモデル、美人コンテストの勝者は平均的な女性よりも背が高い傾向がある。背の高い女性は、背の低い女性よりも優位的であると認識され、社会的尊敬と収入が高く、自身の身長により満足している。


オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着

身長と異性への選好(女性から男性への選好)

女性が高身長の男性を好むことは基本的に一貫して報告されている。

1996年に発表された身長と選好についてのメタ分析によれば、異性愛者の女性は背が高いパートナーを好む傾向があることが裏付けられている。2013年に発表された研究によると、平均して男性パートナーの身長に対する女性の満足度は、女性自身よりも21cm高いときに最大であった。逆に男性の満足度は、女性が男性よりも8cm低い時に最大であるので、女性は背が高いことに加えて、男性よりも大きな身長差を好んでいる。行動経済学者のダン・アリエリーの研究によれば、アメリカ人女性は高身長男性とデートすることに対して並々ならぬ選好をみせ、低身長の男性が魅力的と判断されるには、高身長男性よりもかなりの額を稼がなければならないという。

オンライン・デーティングを研究する社会科学者によれば、男性も身長の低い女性を好むとされ、実際に低身長の女性と高身長の男性はより多くメッセージを受け取る傾向にあった[22]。異性愛者の女性の出会い系サイトでの行動に関する定量的研究では、高身長男性に対する著しい選好が示され、女性の大部分は平均よりもかなり身長が低い男性を受け入れないことが示された。

進化心理学によると、女性は、暴力的な男たちから身を守るという課題を、自分を保護してくれるだけの体絡・体力・運動能力をそなえた男性を配偶者に選ぶことによって、少なくとも部分的には解決したとされており、身長は配偶者防衛の点で有利になると考えられている。また、男性の身長が資源や社会的地位の有用な手がかりになり、さらに身長は遺伝率が80%前後と推定され直接子孫に高身長に関連する遺伝子を渡すことができるので、女性は背の高い男性を配偶者として好むと考えられている。

実際に高身長の男性は低身長の男性よりも、長期的なパートナーを得ることが多く複数の長期的パートナーと交際していた可能性が高いことがわかっている。アメリカで60,000人の身長と性生活の関連について調べた研究によると、背の高い男性ほど性的なパートナーが増える傾向があることがわかった。172cmから177cmの男性は平均の身長よりも低いとされ、そうした人は他の人よりもパートナーが1~3人少ない傾向があった[19]。また、別の研究では、低身長の男性のパートナーは健康状態が悪く、収入と教育程度が低く、BMIが高くなることがわかっている。

なお、女性から男性への高身長の選好は、必ずしも文化的に普遍的なものではない。ナミビア北部のヒンバでは52%の女性が背の高いパートナーを選好し、34%の女性が同じ身長のパートナーを選好し、14%が背の低いパートナーを選好した。タンザニアのダトガの人々のうち、背の高いパートナーを選んだ女性は半分(52%)だけであった[130]。この様な違いが生じるのは、女性の選好が必ずしも背の高い男性ではなく、比較的背の高い男性を好む傾向があることが考えられる。異なる文化における身長と繁殖成功度との関係は曲線的であることが多く、最も背の低い男性は子供が最も少なく、分布の中央にいる男性は子供が最も多い。極端に背の高い男性は、背の低い女性のグループから除外される可能性が高く、平均よりわずかに背の高い男性と比べてデートの選択肢が少ない可能性がある。



オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売 オーグ 訪問販売

身長とスポーツ

多くのスポーツでは身長が高いことが有利に働く。特に、バレーボール、バスケットボールなど高さを要求するスポーツでその傾向が顕著である。サッカーなど他の競技でもリーチや打点の高さなどの面で、長身がキーパー・守備などで有利となるが目立たないポジションでもある。逆に少年サッカーなどでは小柄な選手がフォワードに選ばれ、シュートを決めて注目を浴びることもある。大相撲では新弟子検査の項目に身長があり、基準に満たない者は入門することができない。

柔道やボクシングなどの格闘技では体重別に階級があるため、無差別級を除き、身長もある程度近い選手同士が対戦する事になる。

身長の低い選手の活躍を場を増やすためバレーボールでは全日本バレーボール小学生大会第1回大会(1981年)から後衛専門の選手を配置する特別ルール「バックセンター固定制」が取り入れられ[122]、後に国際ルールとしてリベロが制定された。このほか活躍しやすいポジションとして、バスケットボールポイントガード、野球の二塁手などが挙げられる。[要出典]サッカーではFWやMFに時折見られる。

フェンシングでは、身長やリーチの差を瞬発力が補う場合があるという[124]。同じく武具を使用して一撃で勝敗に繋がる競技剣道は不明。

一方で、身長が高いことが不利に働く競技も少なからず存在する。競馬や競艇モータースポーツなど動物や乗り物に乗る競技ではこの傾向が顕著である。可能な限り体重を落とす必要があるため、身長が低い競技者が有利となり、長身は圧倒的に不利になる。また、乗り物によっては余りにも長身であると、操縦席に身体が収まらない事態を生じる場合があり、結果としてその乗り物を使用する競技への志望を断念しなければならなくなる場合もある。

オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着 オーグ 下着

身長と健康

研究によると、身長が低いことと平均余命が長いことには相関関係がある。また、低身長の人は低血圧である可能性が高く、がんになる可能性も低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる。いくつかの研究では、身長が全体的な健康の要因であることが示されているが、身長が高いほど心血管の健康が良くなり、身長が低いほど寿命が長いことが示唆されている。また、癌のリスクは身長とともに増大することもわかっている。

それにもかかわらず、身長と健康との関係に関する現代の西洋化された解釈では、世界的に観察された身長の変動を説明できない。カヴァッリ=スフォルツァは、世界的な身長の変動は、環境の違いによる進化的圧力に一部起因する可能性があると指摘している。これらの進化的圧力は身長に関連した健康影響をもたらす。ヨーロッパのような寒冷気候では背の高さが適応上の利点であるが、温暖気候地域では短さが体温の放散で役に立つ。その結果、背が高いことと低いことの両方が異なる環境条件で健康利益を提供できるので、健康と身長の間の関係を容易に一般化することはできない。

極端な場合には、極端に背が高いと、心臓に血液を供給するための負荷が増大し、また、脳が四肢と通信するのに要する時間が増大することから生じる問題のために、心臓血管系の問題を含む様々な医学的問題を引き起こし得る。例えば、検証可能な歴史上最も背の高いロバート・ワドローは、生涯を通じて身長が高くなるにつれ、歩くのが困難になった。その後の人生の多くの写真で、ワドローは何かをつかんで支えているようにしていた。彼が22歳で死去した時には、装具を着用していた。

身長と寿命の間の全体的な関係については、情報源の間で意見が一致していない。サマラスとエルリックは、「Western Journal of Medicine」誌で、ヒトを含むいくつかの哺乳類における身長と寿命の間に逆相関があることを示している。

身長が150cm(4フィート11インチ)未満の女性では骨盤が小さく、出産時に肩甲難産などの合併症を起こすことがある。

2005年にスウェーデンで行われた研究は、スウェーデン人男性の身長と自殺の間には強い逆相関があることを示した。

ヒトや動物で得られた多くの研究によれば、体が短く小さいほど加齢が遅くなり、慢性疾患が少なく寿命が長い。例えば、ある研究では、「長寿命化」という主張を支持する領域が八つ見つかった。これらの領域には、長寿、平均寿命、100歳代、男性と女性の寿命の違い、より背の低い人における死亡率の利点、生存の知見、カロリー制限によるより小さな体の大きさ、および種内の体の大きさの違いに関する研究が含まれる。それらはみな、背の低い人は健康な環境と栄養状態で長生きするという結論を支持している。しかし、その寿命の差は小さい。ヒトを対象としたいくつかの研究では、0.5年/cmの身長低下(1.2年/インチ)が認められている。しかし、すべての背の高い人が若くして死ぬわけではない。多くは高齢まで生き、中には100歳以上になる人もいる。

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

座った姿勢

用例

ヒト、形態学的にヒトと近似の動物(類人猿など)、および、人型もしくは人に譬えることのできる人工構造物(仏像、人型ロボットなど)の、姿勢に関して言う「坐位(座位)」。
正坐(正座)、胡坐(あぐら。「胡(古代中国の西域等にいた遊牧民の呼称)」に由来する坐位)、半跏坐(はんかざ。cf. 弥勒菩薩半跏思惟像)、結跏趺坐などの坐位。
体育座りなど、教育分野より派生した「座位」。
人間科学・医学・看護学・介護などの用語としての「坐位(座位)」。
分娩体位の一つとしての「坐位(座位)」(坐位分娩[座位分娩])。
看護および介護における、長坐位(長座位):足を伸ばした状態の座位 ,半坐位(半座位):背もたれを45度程度起こした状態の座位 ,端坐位(端座位):ベッドの端などで足を下に下ろした状態の座位 ,坐位バランス(座位バランス)等々の「坐位(座位)」。
パラリンピックの競技種目における「座位」。用例:「アルペンスキー男子回転(座位)」。

 
オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

体位と呼吸

心不全では、上体を起こした体位でないと、呼吸困難に陥る場合がある。

体位は血中の酸素濃度にも影響を与え、呼吸機能が低下した患者において、仰臥位と腹臥位では肺内部の酸素量と血液量の分布に差があり、効率的なガス交換を行うために、患者の状態に合わせた体位の選択が重要である。

オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売

体位

医療、看護、介護領域の体位(たいい)は、体の位置や姿勢のことを指す。

たとえば立つ、座る、寝るや、その際に膝を伸ばすか曲げるか、あるいは体を捻るかどうか、といった違いによってそれを区別する。

医療で行われる画像診断(主に診療放射線技師によるX線撮影など)では、立位、座位、臥位を始め、側臥位(デクビタス)、外転・内転、外旋・内旋、反跳位など、診断目的に応じて適宜組み合わせられている。例えば、胸部X線撮影の場合、心不全の心拡大、胸水貯留、うっ血による血管影拡大、呼吸不全の確認、また腹部X線撮影の場合、腸閉塞(イレウス)のニボー、消化管穿孔のフリーエアー、急性腹症の確認など、検査時の体位が診断所見に及ぼす影響は非常に大きい。

産婦人科での診察、出産時の姿勢などでは、仰臥位、側臥位 (横臥位、Lateral position)、また救急時のものでは昏睡体位 (Coma position)、回復体位といったようなものがある。いずれも出産者、受診者の単独の体位である。

そのほか、泌尿器科、肛門科、産婦人科において検査や治療上で用いられる体位には、以下のようなものがある(仰臥位、側臥位、腹臥位は総称して臥位と呼ばれる場合もある)。

腹臥位(伏臥位、会陰位)
シムズ体位(シムス位) (en:Sims' position) 半腹臥位と並列して扱われることもある[2]
膝胸体位(膝胸位) (Knee-Chest Position)
切石体位(切石位・戴石位・砕石位・背仙位) (en:Lithotomy position)
トレンデレンブルグ体位(トレンデレンブルク体位)(en:Trendelenburg position)[3]
半座位(ファウラー位) (Half-sitting position, en:Fowler's position)
ジャックナイフ位 (Jack-knife position)



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着